カブトムシ

この時期、弁慶が庭を掘ると、必ずと言っていいほど出てくるものがある・・・それは、カブトムシの幼虫。

先日、出てきた幼虫はまだ少しスリムだったけど大きさはは、立派にカブトムシ。
弁慶が、我が家に来る1,2年前から土を掘るとカブトムシの幼虫がいる。
初めて見た時は、それはそれは感動しました(^^)
子供の時、早起きしてよく取りに行ったものです。

越してきた時、庭を掘ってガチガチのねんど土にボー然とし、へこたれずにスコップで庭全体を5,60センチ掘り起こし、園芸用の培養土を入れ、向かいの竹やぶでミミズを沢山捕まえて庭に投入!!(^O^)
(最初は、amazonで買おうとしたら数が多すぎなので自分で捕獲)

数年後、病害虫の多いバラを強く育てるべく化学肥料や農薬は最小限に。
肥料は、馬ふんに米ぬか、魚粉などなど。
庭全体に、腐葉土投入!毎年。

どうやらこれが、カブトムシを呼び寄せたようです。
タイトルにあるように、我が家は車一台ほどの坪庭。
なので、庭全体に馬ふんや腐葉土をまいても、そうたいした金額にはなりません。

そして、モクレンとイロハモミジの枝葉が小さな庭全体を覆う形で日陰になっているので、幼虫には好条件。

幸い弁慶は、幼虫を見ても無関心。
弁慶が掘る横で、私は幼虫を安全な場所へ。

ちなみに、セミの羽化を初めて見たのも庭。
花苗植えようと、掘ってたら2センチほどのタマゴ発見。
産み主は、トカゲの仲間?のカナヘビでした。

我が庭のカブトムシ、大きく成長して飛び立っていってほしいです(*^_^*)

IMG_1487

 

Comments

No comments so far.

Leave a Reply

 
(will not be published)
 
 
Comment
 
 

 

Tags

日記

Resources