地域猫もみのりへの冬支度 ハウスです😼

寒さが厳しさを増して来ました。

そこで、もみのりハウスを作りました。

ネットで外猫用のハウスの情報を集め、思い描いたモノを夫に作ってもらいました。

雨風が振り込まないようひさしを長くし、天井の内側には、お風呂マットを断熱材として入れてあります。

2カ所の出入り口には、猫のチカラでも押して入れるようビニールクロスを取り付けます。

密閉性が高過ぎると、酸素不足やハウス内に結露が出来てしまうので、雨が振り込まない場所に換気口を開けてあります。

BE2A4435

 

縄張り争いなど、緊急時にすぐ出られるよう出入り口は2カ所。断熱材として床にもおふろマット。壁には床に敷くコルクマットを付けました。

BE2A4429

 

天井の断熱材のお風呂マットが足りなくなって、コルクマットで代用。つぎはぎになってる(~_~;)

設置場所は、我が家の裏にある室外機の上に。なので、高さがあるハウスです。

我が家の裏のお宅とそのお隣のお宅は広い庭があり、犬を飼う者同士仲良くして頂いているので、もみのりの事は暖かく見守ってくれています。ありがたいことです、本当に(T_T)

いろいろ考えた末、もみのりが安心して寝られるのはウチの敷地の中では裏しかない。

出来ることなら、私の目が行き届く場所に設置したいけど、そうなると警戒心の強いもみちゃんが安心できない場所しかないのでウチの裏・・・という次第です。

BE2A4431

 

BE2A4456

 

明日、これらをハウスにセットして設置します。出入り口につけるビニールクロス。肌触りが良くて速乾性がある足拭きマットと、その下に敷く「乾くんだ」という商品。

毛布だけだと、雨に濡れた体でのると毛布が水分を吸って冷えて体温を奪ってしまうかも・・と考えて。毛布は一番下に敷いて、ふかふかにしようかな・・・と。

気温が下がってきた頃、一度、待機場所である車の下にお風呂マットを敷いた事があります。でも、もみのりはソレを避けて車の下で待っていた・・・(´ε`;)ウーン…

そして昨晩、本当に寒くなってきたのでゴハンを食べている間だけでも足が冷たくないようにと、ダメ元で使っていない座布団を敷いてみたところ・・・今朝、座布団の上でお座りして待っていたー(⌒▽⌒)

夕方も、座布団にすわってた(⌒▽⌒)もみちゃんに、暖かいのがわかってもらえて本当に良かったです。

ハウス、使ってくれるといいんだけど・・・ね。

 

 

Comments

No comments so far.

Leave a Reply

 
(will not be published)
 
 
Comment
 
 

 

Tags

日記

Resources